プロテインが何倍も美味しくなるおすすめの割り方6選を紹介

プロテイン割りおすすめ6選画像

プロテインとはタンパク質を簡単に摂取できるように粉末状にしたものです。タンパク質とは現代の人に不足しがちな栄養素で、不足することで、筋肉量が減少したり、爪や髪、皮膚の代謝が落ちてしまいます。

そのため、タンパク質を簡単に摂取できるプロテインは、忙しい人にとっては重宝されると思います。しかし、プロテイン独特の味が苦手で飲むことをためらってしまうことも多いのが現状です。

そこで今回はプロテインのおすすめの割り方を知って、美味しいプロテインを飲む方法について説明していきます。

Contents

おすすめの割り方

プロテインの水割り画像

現在プロテインにはさまざまな味が存在します。何も味がないノンフレーバーから、チョコ、いちご、バナナ、ラテなど多々あります。

これらの味によってもどれで割ると一番美味しいのかということも変わってきます。そのため、味によってどれで割るのが美味しいのかを考えるのも楽しさの一つでしょう。

おすすめ1:水

一番シンプルなのは水で割ることです。そもそも最近のプロテインは味も良くなってきて飲みやすくなってきている商品も増えてきました。

水で割ることの一番の特徴はコストの低さや無駄なカロリーをとらなくて良いということでしょう。

天然水や水道水でも作ることができるため、コストはほとんどかかりませんし、糖分なども含まないため、カロリーも最も低く抑えることができます。

まずプロテインを買ってみたら、水で試してみるのが良いと思います。

おすすめ2:牛乳

牛乳を入れて飲むと味が濃厚になり、クリーミーさが増します。

水だけだとサラサラしていてどうしても無理と感じた方でも、牛乳で割ることで飲みやすく感じると思います。

牛乳で割ることで、カロリーやタンパク質も同時に摂ることができます。

特に体を大きくしたいという理由でプロテインを摂取しているという人はカロリーの摂取とタンパク質の摂取がとても大切になってきます。

牛乳はコップ一杯(200mL)で約140kcal、タンパク質7gを摂取できますので、体を大きくしたいと思っている人は摂取することをおすすめします。
→増量を行っている人が知っておきたいカロリーやタンパク質について詳しく知りたい方はこちらから

おすすめの味はチョコ味や、バナナ味、いちご味、ミルクティー味、また味のないノンフレーバーも牛乳をそのまま飲めるためおすすめです。

おすすめ3:豆乳

牛乳だとお腹を下してしまう人もいると思います。

そのような人は豆乳を混ぜてプロテインを作ると、お腹を下さずに豆乳に含まれるカロリーやタンパク質を摂取することができます。

牛乳が動物性タンパク質なのに対して、豆乳は植物性タンパク質になります。

動物性タンパク質、植物性タンパク質のどちらにしろ、タンパク質を摂取することができますので、牛乳が合わない人はこちらを選択しましょう。

牛乳と同様に、チョコ味やバナナ味、いちご味などは美味しくいただけますので、是非試してみてください。

おすすめ4:低脂肪乳

ダイエットをしている方は牛乳だとカロリーが気になるかもしれません。

低脂肪乳が苦手な方もいるかもしれませんが、低脂肪乳はプロテインと一緒に混ぜると格段に飲みやすくなります。

また、牛乳だと濃厚すぎて割り材に使用すると逆に苦手と感じるかもしれません。そのため、牛乳よりもスッキリしている方が飲みやすいと感じた方には良いでしょう。

牛乳だと味が濃すぎると感じたり、ダイエットをしていて牛乳は飲めないけど、美味しく飲みたいという人には低脂肪乳はおすすめです。

おすすめの味は牛乳と同じで、チョコ味、バナナ味、いちご味などに加え、バニラ味やラテ味など味が甘ったるくなりそうなものもおすすめです。

おすすめ5:ジュース

オレンジジュースやぶどうジュースなどのジュースで割ることもおすすめです。

ジュースによってさまざまな割り方ができると思うため、何で割るかを考えることも楽しく感じ、また飽きたりもしないためおすすめです。

またジュースの特徴は糖質を同時に摂取することができるということです。

特にスポーツ後などは体が疲労しており、糖質を必要としています。

このときにジュースと共に摂取することで、疲労回復にも繋がりますので、スポーツ後や筋トレ後などはジュースはかなり効果的になります。

おすすめの味はピーチ味やパイナップル味などのあまり濃くないものが良いです。また、ノンフレーバーもジュースそのものの味で楽しめるためおすすめです。

おすすめ6:スポーツドリンク

スポーツドリンクで割って飲むことで、一番あっさりしているため、飲みやすいと感じる人も多いでしょう。

また、スポーツドリンクは運動後に不足しがちな塩分など、ミネラルも豊富に含まれています。

そのため、運動後などは特に不足している栄養素を補給できるためおすすめです。

おすすめの味は、ジュースと同じであっさりとしたピーチ味やブルーベリー味などがを選ぶと良いです。

これらのさまざまな味を安く買いたい方は「マイプロテイン」からの購入がおすすめ!今なら初回購入で1500円OFFのクーポンやLINE登録で2000円OFFのクーポンが手に入れられるため、是非ご検討ください。

上手な飲み方

プロテインが泡立ったり、ダマになったりすると飲みにくいですよね。

プロテインが泡立つのは水の量が少ないことや、シェイクしすぎていることが原因として挙げられます。

水の量が少なく、プロテインの割合が多くなってしまうとどうしても泡立ちやすくなってしまいます。そのため、プロテインがどろどろなくらいになっている人は水を足すことで泡立つことを防ぐことができます。

また、シェイクをしすぎることで空気が混ざってしまうため、泡立ってしまいます。あまり強く振りすぎず20秒程度シェイクすれば十分です。

ダマになることを防ぐ方法として、プロテインを入れる順序やブレンダーボールを使用することが挙げられます。

水を入れた後にプロテインを入れることでダマができにくくなります。先にプロテインを入れてしまうと、水がプロテインを覆ってしまい、ダマになってしまいます。

また、ブレンダーボールをシェイカーの中に入れて振ることで、ダマをなくしてくれます。

一番手軽にダマを消す方法としては、ブレンダーボールを用意することだと思っています(経験則)。

使用してみると、こんなにも簡単にダマがなくなるのかと思うでしょう。

一度に飲む量

体が一度に吸収できるタンパク質の量は限られます。

個人差がありますが、上限は30g程度です。

これ以上プロテインを摂取しても吸収されずに無駄になってしまうため、一度に飲みすぎないように注意しましょう。

商品にもよりますが、プロテイン25gあたり大体20g程度のタンパク質が含まれていると思います。

そのため、タンパク質をを30g摂取する場合のプロテインの量は37.5gになりますので、これ以上のプロテインを一度に取らないように気をつけましょう。

飲むタイミング

食事をしっかり摂ることでタンパク質を十分に摂取することはできます。

そのため、食事をしっかり摂っている人は、食前や食後に飲んでもほとんど意味はありません。

おすすめの飲むタイミングは食間です。

体は常にタンパク質を欲しており、食事からタンパク質を摂取したとしても3時間程度で全部使用されてしまいます。

そのため、食事と食事の間が3時間以上空いてしまうときに飲むことで、体に常にタンパク質を届けられます。

保存方法

プロテインはタンパク質を多く含むため、保存方法に気をつけないと品質も落ちやすくなってしまいます。

しっかり封を閉めて保存すれば問題はありませんが、気になる方は冷蔵庫に保存するとより品質を保つことができます。

冷蔵庫に保存する場合は毎回取り出すのは面倒なため、タッパーに一部入れておき、毎回タッパーからプロテインを使用すると楽にプロテインも作ることができるためおすすめです。

おすすめのプロテイン

プロテインをまだ飲んだことのない方は最大でも1kgまでと少量で試すと良いと思います。

1kgでおすすめのプロテインは低価格で高品質である「ビーレジェンド」というブランドです。

また、もっと安くお求めになりたいと感じた方は「マイプロテイン」がおすすめです。

イギリスで古くからあるサプリメントブランドで、サプリメントを大量に安く求めることができます。

月に一度50%~70%OFFセールをやっていますので、プロテインを含むサプリメントを安く揃えたい場合はこちらで揃えることをおすすめします。

私もプロテインなどを一度に大量に安く購入しているため、重宝しています。

Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる