胸筋をピクピク動かすのに必要な期間や方法やトレーニング方法を紹介

胸筋をピクピクさせる方法

たまにテレビやYouTubeで胸筋をピクピク動かしている人を見ることはありませんか?

なんか凄そうだし、自分も胸筋ピクピクできたら面白いなと思うかもしれませんね。

ここではなぜ胸筋はピクピク動くのか、どのようにして動かすのかなどについて説明しようと思います。

Contents

なぜ胸筋はピクピク動くのか

筋肉がある男性の画像

胸筋をピクピク動かすのに大切なことは神経の発達と筋肉量です。

筋トレをすると筋肉がつくほかに神経系が鍛えられます。

最も筋トレで重量が伸びるのが筋トレを始めた初期です。

なぜならこの時期に普段使っていなかった筋肉を使って筋トレするため、最も神経系が発達するからですね。

つまり、筋トレをすると神経系が発達して、筋肉を動かせるようになります。

しかし、これだけでは胸筋をピクピクさせることはできません。

胸筋をピクピクさせるには、筋肉量も必要です。

いくら神経系が発達しても、動かす筋肉がないと意味ないですよね。

そのため、筋トレをして筋肉量がある程度付き、また神経系が発達して初めて、胸筋をピクピクさせることが可能になります。

どのようにして胸筋をピクピクさせるのか

腕組みをする人の写真

ではどのようにして胸筋をピクピクさせるのかについて話していきます。

脇を閉めてみてください!

胸筋が収縮するのが分かりますね。

このときに胸筋を収縮させるのではなく、胸筋を持ち上げることを意識してみてください。

胸筋が少しピクピクしませんか?

全くしない人は神経系の発達と筋肉量が不十分ですので、トレーニングをもっと増やしたいです。

少し筋肉が上に動けば、もっと神経系を発達させ筋肉量を増やせば、胸筋をピクピクさせることができますので、感覚は掴めることができると思います。

慣れてきたら脇を閉めなくても、胸筋をピクピクさせられるようになりますので、筋トレをもっとして動かす練習をしてみましょう。

筋トレで代表的なダンベルベンチプレスですが、こちらはダンベルがなくても、ペットボトルなどでも代用できます。
→胸筋をピクピクさせるために胸の代表的なトレーニングのダンベルベンチプレスのやり方を知るにはこちら!

WorKintore | 早大生が1年間筋トレ...
【女性にもおすすめ】ペットボトルで行える上半身の筋トレを紹介! | WorKintore 女性にもおすすめの上半身を鍛えるトレーニングメニューについて紹介します。筋トレはペットボトルでも代用可能。よってペットボトルを使用して行えるダンベルベンチプレス...

胸筋をピクピクさせるために必要な期間

全くの筋トレ初心者が胸筋をピクピクさせるためには、最低でも3ヶ月はかかるでしょう。

なぜなら胸筋をピクピクさせるには、神経系の発達と筋肉量を増やすことが大切だと説明しましたね。

筋トレを初めてすぐは神経系が発達はしますが、筋肉量はなかなか発達しません。

そのため、筋肉量もある程度つけるには3ヶ月程度はかかってしまうということですね。

また、筋肉をつけるには筋トレが2、食事が8と言われるほど、食事は大切です。

そこで筋肉をつけるためにどのような食事を取れば良いのかについては気になる方は多いでしょう。
→筋肉をつけるために行いたい食事について詳しく説明します!こちらの記事を読んで正しい食事方法を知ろう!

あわせて読みたい
筋トレよりも重要!筋肥大に本当に必要な食事についての知識とは? 初めて筋肉が成長したということを実感できたときほど嬉しいことはないと思います。 筋肥大に必要な要素は何だと思いますか?多くの人は、体が大きくなるまで筋トレをし...

胸筋をピクピクさせるためのおすすめトレーニング5選

では胸筋をピクピクさせるためにおすすめのトレーニングを紹介したいと思います。

おすすめトレーニング①:ダンベルベンチプレス

やはり胸筋を鍛えたければダンベルベンチプレスが手っ取り早いでしょう。

ダンベルがあると様々な重さで適切な負荷をかけることができ、最も効率よく胸筋をピクピクさせることができるでしょう。

先ほども紹介しましたが、YouTubeにて行い方を含んだ動画を紹介していますので、こちらもぜひご覧ください。
→筋トレ歴1年半の大学生がダンベルベンチプレスに挑戦します。

おすすめトレーニング②:ダンベルフライ

ダンベルベンチプレスは大胸筋の他に、上腕三頭筋(二の腕)や肩の筋肉も同時に鍛えられます。

それに対して、ダンベルフライは大胸筋のみに負荷をかけて行うことができます。

ダンベルフライも同時に取り入れることで、胸筋をピクピクできるような大きな胸を、効率よくつけることができるでしょう。

おすすめトレーニング③:腕立て伏せ(プッシュアップ)

腕立て伏せは道具を何も使用することなく、胸筋のトレーニングを行うことができるため、手っ取り早く簡単に行うことができます。

また、地面に膝を付くことで強度を下げることができ、足を椅子の上などに乗せることで強度を上げることができます。

どのような人でも胸筋をピクピクさせられるような負荷をかけることができますので、おすすめです。

おすすめトレーニング④:パームプレス

パームとは英語で「手のひら」という意味です。

つまり、手のひらをプレスするということで、合掌するように手のひら同士を胸の前で合わせ、手のひら同士で押し合います。

このようにすると、大胸筋に負荷がかかることが確認できると思います。

こちらも手軽に行うことができますので、おすすめです。

おすすめトレーニング⑤:ディップス

ディップスとは左右の手でバーなどを持ち、体を浮かせた状態で、腕を曲げることで体を上下させます。

ディップスはどこでもできるわけではないですが、普段とは違った負荷をかけることが可能です。

ぜひ行える環境があれば、積極的に取り入れると良いでしょう。

まとめ

どのようにすれば胸筋をピクピク動かせるのか、動かし方やトレーニング方法など理解できたと思います。

胸筋をピクピクさせることができたら、ウケもいいと思います。

ぜひこれらを参考にして、挑戦してみてほしいです。最後までありがとうございました。

Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる