筋トレで皆が右に進んでいても左に進めば成長することもあるという話

筋トレ皆が右に進んでも左に進む

こんにちは。筋トレブログや筋トレやダイエットに関する相談・質問を受付中のNickです。

Nick

筋トレやダイエットなどの質問・相談はボディメイク質問箱へ投稿ください!
NickのTwitterです!ぜひとも覗いてみてくださいね。

今回は筋トレは皆が右に進んでいても、自分はあえて左に進むことで成長することもあるということについて話していこうと思います。

詩的な表現で惹きつけられると思うのは私だけかもしれませんが、パパッと読んでみてください。

Contents

他人にすすめられた方法では負荷が乗らないことも決して珍しくはない

筋トレをしている人の写真

筋トレである部位を鍛えようと思った場合、様々な種目で鍛えることができます。

筋トレ初心者はどのような種目があるのか、またどのようにして鍛えればいいのかわからないでしょう。

そのような場合に役に立つのは、YouTubeやWebサイトなどのメディアから情報を取得することや、友人やトレーナーなどに教えてもらうことでしょう。

しかし、いざその方法でやってもうまく負荷がかからない場合があります。このような時考えられる原因は2つあります。

  1. やり方が間違っている
  2. その方法で行っていても本当に負荷が入らない

負荷がかからない原因のほとんどは、やり方が間違っているからです。よーく筋トレ方法を確認してください。フォームをしっかり確認し、軽い重さで負荷がしっかり乗っていることを感じましょう。

しかし、いくらフォームをチェックして軽い重さで行っていてもなかなか負荷を感じられないこともあります。

この場合は学んだ、または教わったやり方では本当に負荷が入らないことが原因として考えられます。

筋トレをしている体は科学的にわかっていることの方が少ない

そもそも筋トレとは自身の筋肉に負荷をかけて行うトレーニングです。

しかし、人類は多くの点で科学的に体のことが不明なままですよね。

この事実は重要です。

科学的にもまだまだわからないことが多いのが人間の体なのに、その筋トレ方法が正しいと断言できる方が難しいでしょう。

よってYouTubeやWebサイトなどで学んだ場合も、他の人から教えてもらった場合でも、そのやり方では負荷が感じにくかったり、感じられなかったりするというわけですね。

筋トレの多くは経験則から成り立っている

腕立て伏せをしている男性の写真

しかし、ほとんどはフォームが間違っていると説明しましたが、これは筋トレというものは経験則から成り立っているからです。

過去の人たちは様々な筋トレ方法で筋肉に負荷をかけることを心がけていました。

その中で多くの人に効果があったものだけが残ったでしょう。

そのため、ほとんどの場合は自身の筋トレ方法が間違っているということになります。

しかしごく稀にですが、その方法では自分の体ではあまり負荷を感じられないということがあるとういことですね。

皆が右に進んでいても左に進めば成長することもある

やっとタイトルの回収ですね。

体に負荷を感じられない場合は、あえて筋トレ方法を変えてみるということが挙げられますね。

例えば多くの人が行っている正攻法からあえて異なったやり方を行うと、自分にはかなり負荷が入り、今までと比べても成長したということは起きます。

これが皆が右に進んでいても、自分は左を進むことによって成長するということになりますね。

筋トレはとても奥が深いものです。

ダンベルを持つ角度を変えてみたり、様々な可能性を鑑みて、いろいろ探求していくことも筋トレの楽しさの一つですよ。

他と異なるからこそ楽しい

筋トレは常識に囚われないことが成長につながる可能性があります。

それらを見つけていくことが筋トレの醍醐味の一つですので、ぜひともあなたなりの楽しさを見つけてみてください。最後までありがとうございました。

こんな記事もあったりします。
→恋人に筋肉があると生じるメリットとは?男女別で紹介します!

あわせて読みたい
恋人に筋肉があると生じるメリットは?男女それぞれにて紹介します! あなたの恋人は筋トレを行っていますか?実は恋人に筋肉があることで得られるメリットはたくさんあります。今回は恋人に筋肉があると感じるメリットについて紹介してい...
Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents