プロテインの効果的な飲み方を紹介!筋トレ後や筋肉痛時にぜひ飲もう

筋肉痛時プロテイン画像

プロテインを買ったけど適切な飲み方がわからない人も多いと思います。

運動後や筋トレ後にプロテインを飲んでいる人はほとんどだと思いますが、翌日翌々日の筋肉痛が来たときにも飲んでいるでしょうか?

実は筋肉痛が来たときにプロテインを飲まないのは、かなり損をしていることになります。

なぜ運動後や筋トレ後の他に、筋肉痛の時も飲んだほうが良いのか、また最も効率的となる飲み方について説明していきます。

Contents

筋肉痛時にプロテインを飲む意味

プロテインと筋トレ器具の画像

筋トレなどを行った後に筋肉痛が来ます。

この筋肉痛とは筋肉の最小単位である筋繊維が傷つくことによって起きる炎症のことです。

筋トレ後は最も体がプロテインを欲している状態ですので、このタイミングで飲むことはかなり重要ですし、実際に飲んでいる人もほとんどでしょう。

しかし、炎症が治って筋肉痛が治るまでは、筋肉は修復作業をしています。

よってこのタイミングでプロテインを摂取して適切に筋肉にタンパク質が届けられていないと、せっかく運動や筋トレをしても、その効果はあまり得られません。

筋トレ後だけではなく、筋肉痛が起きているときも体はタンパク質を欲していますので、プロテインをしっかりと摂取しましょう。

どのくらい摂取すれば良いのか

プロテイン画像

プロテインとは、タンパク質を粉状にして飲みやすくしたものです。そのため、食事からしっかりとタンパク質を摂取できていれば、過剰に摂取する必要はありません。

筋トレをしてしっかりと筋肉痛がくる程度の負荷を与えられている場合は、最低でも体重1kgあたり1.5g、体を効率的に成長させたいと考えている人は2gを目安に摂取すると良いでしょう。

タンパク質も含めて、自分が一日にどれくらいの栄養素を摂取すればいいのかは計算で出すことができます。必要なカロリーなども同時に知りたい方はこちらをクリック!

あわせて読みたい
基礎代謝・メンテナンスカロリー・マクロバランスを計算してダイエットや増量を成功させよう 下のフォームに値を入力するだけで、ダイエットや増量時に知っておきたい各種値を算出できます。 上記で出てくるさまざまな値の意味については下記で詳しく説明します。...

そのため、普段の食事でタンパク質が足りていない場合に、プロテインから摂取しましょう。

適切な量とタイミング

プロテインは一度に吸収できる量が限られています。

個人差はありますが、上限は30g程度になります。

そのため、一度にこれ以上のタンパク質を摂取しても、筋肉痛の修復には使われずに無駄となってしまいます。

おすすめは食間に摂取することです。

食事と食事の間は時間が空いてしまうため、どうしても体はエネルギーが枯渇してしまいます。

よってこのタイミングでプロテインを摂取することで、常に体にタンパク質が循環していることになりますので、筋肉痛時には効率的に修復することが可能になります。

これでプロテインの必要性は理解できたと思います。

プロテインは薬局などではなく、インターネットを利用することで遥かに安く購入することができます。

どこで買えばいいのかわからないという人に向けて、プロテインを安く購入する方法を紹介しています。ぜひこちらを参考にしてください。
→美味しいプロテインを安く買うにはどこで揃えればいい?おすすめサイトを紹介!

あわせて読みたい
プロテインの売ってる場所とは?余計な出費をせずに買う方法を紹介 現在では昔と比べて多くの人が手軽にプロテインを飲むようになりました。 昔はプロテインは怪しいものという認識が多くの人にあったと思いますが、今では健康に気遣った...

まとめ

運動後や筋トレ後だけではなく、筋肉痛時にもプロテインを飲むことは大切とお話ししました。

食事とは違って、プロテインは簡単に摂取することができます。

そのため、健康を目指したり、体を成長させようと思っている方はプロテインから効率的にタンパク質を摂取しましょう。

最後までありがとうございました。

Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents