ボディビルという競技は何を競うの?歴史や評価基準などを紹介します

ボディビルは何を競う競技なのかを解説

ボディビルという競技をどのくらいご存知でしょうか。

ボディビルとは一言で言うと最も大きな筋肉を持っているのは誰かを競う競技になります。

しかし、単に大きいと言っても見ていて基準が分からない、どのように争うか分からないという方も多いでしょう。

そこで今回はボディビルとは何かについて、歴史から初め、審査基準としてどのようなものがあるのか、また世界と日本のボディビルダーについても紹介していきたいと思います。

Contents

ボディビルの歴史と競技性

ボディビルがどのように始まったかについて、知らない方も多いでしょう。

Wikiにてボディビルの創設期について書かれていたので、まとめます。

「筋肉を披露する技芸」としてのボディビルが誕生したのは19世紀末。近代ボディビルの父としばしば呼ばれるサンドウは、古代ギリシャ・ローマの彫刻を研究し自分の肉体を鍛錬によってそれに近づけることを目指した。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%93%E3%83%AB

近代ボディビルの父とも言われる「ユージン・サンドウ」がローマの彫刻のようなそれぞれの筋肉のラインがはっきり見えるような体を作ろうと、自らの体を鍛え上げたことが始まりだと言われているということですね。

その後IFBBという国際ボディビルダーズ連盟が発足されることになります。IFBBは世界最大で最も歴史のあるボディビル団体です。

このIFBBが主催する大会として、ミスターオリンピアがあります。このミスターオリンピアとは世界で開会されている様々な大会で上位の結果を残した人のみが参加できる、世界で最もレベルの高いボディビル大会です。

ミスターオリンピアは年に一度、現在ではアメリカをメインに開催されていますが、この大会で優勝することは、今年最も大きい体だという称号を与えられたと言っても遜色ないです。

ミスターオリンピアだけでなく、様々な場所でボディビルの大会が開催されていると説明しましたね。それではボディビルの大会では何をどのような基準で争っているのでしょうか?それらについて詳しく説明していきます。

ボディビルの評価基準1:筋肉の大きさ

まずボディビルとはその大会の中で最も大きな筋肉は誰かということを争う競技です。そのため、最も大きい筋肉を持った人が優勝するということです。

とても単純ですね。勝つためには隣の選手よりも大きくなればいいということです。

しかしただただ大きくても、実際の会場でそれらを披露できなければ意味ありません。そのために重要なことが以下の二つです。

  • ボディビルで重要なこと1:ポージング
  • ボディビルで重要なこと2:カラーリング

ボディビルで重要なこと1:ポージング

ボディビルでは、決められたポーズを様々な選手と並んで行う必要があります。この際ポージングによって審査結果も大きく左右されます。

人によって筋肉が大きく有利となるストロングポイントは異なりますし、逆にウィークポイントも異なります。そのため、大きな筋肉はより大きく見えるように、小さい筋肉はより大きく見えるようなポージングをする必要があります。

そのため自分の体を熟知して、どのようにポージングを取ることで最も評価されるのかを知ることが大切になります。

ボディビルで重要なこと2:カラーリング

カラーリングによっても筋肉が大きく見えるか異なってきます。筋肉を大きく見せるためには、凹凸がはっきり見えることも大切です。

会場に照らされているライトによって、体の見え方も変わってきます。そのため、会場のライトに合ったカラーリングをすることで凹凸がはっきり出て、体にメリハリが出るため、より大きい体という印象を与えることができます。

また、カラーリングをして凹凸を出すということは次に説明する、体を絞るということにも大きく関わってきます。

ボディビルの評価基準2:どれだけ体を絞ることができているか

大きさだけでなく、どれだけ体を絞れているかも評価基準となってきます。

大きな筋肉を有しているのは誰なのかを知るためには、体脂肪を極力減らす必要があります。体脂肪を落とし筋肉の一本一本の筋が見えている体の方が美しく、評価されるからです。また、体を絞れば絞るほど筋肉も落ちてしまいますので、かなり絞っているのに筋肉量が多いと評価は高くなりますね。

大きいだけではなく、一本一本の筋が見えるような美しさも大切ということです。

先ほども説明しましたが、カラーリングは筋一本一本を見せるためにも重要になってきます。会場のライトに合うカラーリングをすることで筋が際立ち、より絞れているという印象を与えることができるからですね。

ボディビルの評価基準3:バランスの良さ、弱点のなさ

それらが同じ場合は、バランスの良さや弱点のなさが評価基準になります。

ほとんどの選手が、他と比べてここが強いという筋肉を持っています。そのため、強い筋肉同士を比較することはかなり難しいです。

それに対して、弱点とも言われる筋肉は評価する上ではわかりやすいですね。弱点があればあるだけ減点していけばいいですからね。

そのため、ボディビルではより弱点のないバランスの良い筋肉の方が評価されるということになります。

ボディビルを評価するにあたっての現代の傾向

ボディビルは時代によってどのような体が評価されるかが変わってきます。一昔前までは、どれだけ絞れているかが最も重要とされていましたが、現代ではよりバルクのある大きな筋肉を重視している傾向があります。

そのためには人間の体の中で、最も大きな筋肉の一つに含まれる背中の筋肉がどれだけ発達しているかなどが、近年では重視されている傾向があると言えるでしょう。

この傾向は時代によって変化していきますので、これらを追って見ることでより楽しめるでしょう。

世界のボディビルダーを紹介

世界のボディビルダーでは、2021年のミスターオリンピアで優勝したビッグラミー選手とボディビルの知名度を一気に上げたアーノルドシュワルツネッガーさんを紹介していきます。

2021年度ミスターオリンピア優勝者:ビッグラミー

ビックラミーことマムド・エルスビエイ選手は、バルクの大きさからビッグという愛称で呼ばれているエジプト出身の選手です。

前年度の2020年から2連覇中の選手です。ビッグラミー選手はなんと言っても、体がめちゃくちゃでかいということにつきます。

ビックラミー

ミスターオリンピア優勝時の体を見てください。はち切れんばかりの腕や足、そして背中の広さです。まさに世界最高峰と言えるでしょう。

ボディビルの知名度を一気に上げたアーノルドシュワルツネッガー

シュワちゃんの愛称で呼ばれるアーノルドシュワルツネッガーと聞いて、知らない人はいないでしょう。

ターミネーターなどで人気の俳優となったアーノルドシュワルツネッガーですが、元はボディビルの選手でした。またミスターオリンピアの優勝経験者で、ミスターオリンピアが開催されてから三人目の優勝者でもあり、7回の優勝と歴代2位の優勝回数を誇ります。

Arnold_Schwarzenegger

当時はパッとされてこなかったボディビルでしたが、その甘いマスクと強靭の体から多くの人を魅了したことからボディビルに光が当たり始めました。

ボディビルを知る上で欠かせない人物の一人でしょう。

歴代のミスターオリンピアの優勝者についてはこちらの記事にまとめています。どのような人が優勝したのか、どういう人なのか、また当時の世の中の背景などを知るにはこちらの記事をご覧ください。
→ミスターオリンピアとは何かを説明し、歴代優勝者を全てまとめました。

あわせて読みたい
【2021年版】世界一のボディビル大会の歴代優勝者を一挙公開します 皆さんはボディビルの大会をご存知ですか? ボディビルの大会は世界各国にあり、もちろん日本にもあります。 それぞれの大会で選手は切磋琢磨して一位を目指してますが...

日本のボディビルダーを紹介

続いては日本の大会である「男子日本ボディビル選手権大会」で優勝した相澤隼人選手と、世界の最前線で活躍する日本人の山岸秀匡選手を紹介します。

2021年男子ボディビル選手権大会優勝:相澤隼人選手

ボディビル 何を競う
https://twitter.com/hayato__aizawa/status/1447191005699051527

こちらの写真は2021年10月10日に開かれた男子日本ボディビル選手権大会で優勝した時の写真で、Twitterで左から4人目の、エントリNo.3の人が相澤選手です。

相澤選手は2021年現在でまだ22歳の若手です。若手でこの体を有しており、日本一位にもなるという輝かしい成績を持ちます。

ボディビルという競技は長年かけて成長していく競技でもあります。そのため、この若さで日本一位を取るなど、素晴らしいの一言に尽きます。今後どうなっていくか楽しみですね。

世界最前線で戦う日本人:山岸秀匡選手

ボディビル 何を競う
https://twitter.com/HideYamagishi/status/1449592760609083392

2021年現在で48歳になるバリバリ現役の山岸秀匡選手です。上の写真は若い時の写真になりますが、とてもすごい体をしていますね。

ミスターオリンピアと並ぶほど大きな大会でもある、シュワルツネッガー開催のボディビル大会であるアーノルドクラシックで優勝経験もある、日本人離れした筋肉を有する山岸さんです。

筋肉の大きさを競うボディビルの競技で、世界最前線で戦っている日本人は山岸さんだけです。今後も活動は続けていく予定であるので、どのようになっていくか楽しみです。

【ボディビルという競技は何を競うのか】まとめ

今回はボディビルという競技は何を競うのか、歴史と競技性から入り、その評価基準や現代の傾向、また世界や日本のボディビルダーについて説明しました。

ボディビルという競技は初心者が見てもわかりにくいということはあると思います。しかし、何を競っているかを知ることでもっと楽しめると思いますので、ぜひともこちらを参考にしていただけると幸いです。最後までありがとうございました。

Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる