筋トレが楽しく感じる瞬間を知って、筋トレの魅力について知ろう

筋トレの魅力home画像

皆さんこんにちは。今回はなぜ人は筋トレにはまるのか?

筋トレを行っていない人や、これから行おうとしている人は筋トレの魅力についてよくわかっていないと思います。

そこで今回は、筋トレをするときに楽しいと感じられる瞬間について話していきます。

これらを参考にしていただいて、筋トレをしていない人、これから筋トレを始めようとしている人に魅力を伝えられればと思います。

Contents

筋トレが楽しく感じる瞬間:短期編

まずは短期的に筋トレが楽しく感じる瞬間を話していこうと思います。

次のようなときに筋トレをしていてよかったと感じます。

  • 前回よりも重たいものを持ち上げられたとき
  • 筋トレ後のパンプアップした姿を見たとき

まず、筋肉は筋トレをして筋繊維を傷つけ、そのときに栄養と休養がしっかりとれている場合に大きくなります。

毎回毎回の筋肉の成長は目で見てもほとんどわからないです。しかし、前回よりも成長しているならば、必ず重たいものを持ち上げられるようになっているはずです。

つまり、短期的には一回でも前回よりも重たいものを持ち上げられたときに、筋トレをしていてよかったと感じます。

また、筋トレを終えると、一時的に筋肉に老廃物などが溜まり、水分でパンパンに張ります。この状態をパンプアップと言いますが、パンプアップ後の姿は自分の3ヶ月後の姿とも言います。

そのため、しっかり筋トレをした後のパンプアップした状態の体を見ることで、3ヶ月後に絶対このように成長するぞと強く思い、筋トレによりのめり込めます。
→筋トレ後に起こるパンプアップとは?詳しいメカニズムや筋肥大との関係性を知るにはこちらから

そのほかにも、筋肉痛を感じられたときなど、楽しく感じられる瞬間はたくさんあると思います。人によって楽しく感じる瞬間も色々あると思いますので、続けてみるとこのようなことに楽しさを感じると思う瞬間があるかもしれません。

また、コメントも許可していますので、自分はこういうときに楽しく感じると思うことがあれば、コメントで教えてください。

筋トレが楽しく感じる瞬間:長期編

次に長期的に見たときに楽しく感じる瞬間について話していきたいと思います。

短期的に楽しく感じられることは、筋トレのモチベーションにもつながります。しかし、本当に筋トレを続けていて良かったと感じられるときは長期的に見たときに楽しく感じられたときではないでしょうか。

長期的にはこれらのことが挙げられます。

  • 前の自分と比べて体が成長したとき
  • 体が変化したと周りに言われたとき

筋トレの変化が目に見えて感じられるようになるには数ヶ月単位かかると思います。

そのため数ヶ月前の自分と比較して、体の変化を感じられたときに、筋トレをして良かったと心から思えるようになります。

筋トレをしている人に自分の体の写真を撮影している人は多いと思います。

これはナルシストだからではないです。写真として記録しておくことで、数ヶ月前の写真と比較しやすいからです。

筋トレを行っている目的は現在の体よりも成長させるということがほとんどだと思いますので、記録に残して比較して達成感を感じているのです。

また、周りから体の変化を指摘されたときにもやっていて良かったと強く思います。

数ヶ月前の自分と比べて、体が変化したと自分では感じていても、周りはほとんど気づかないということもあると思います。

周りに変化を気づいてもらえるときは、それだけはっきりと成長していることになりますので、「すごいね」などと言われたときにはかなりの幸福感を覚えると思います。

筋トレを楽しく感じる瞬間は人それぞれです。しかし、成長を感じられたときに幸せを感じるというのは、どんな人でも共通でしょう。

それらの喜びを感じられることで、より筋トレにハマっていくのですね。

Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる