ダイエット時のPFCバランスを用いて必要な食事量を自動で計算!

ダイエット時のPFCバランスと食事の量計算

ダイエットを成功させるために、数値で自身の体を管理することは大切です。

痩せるためにとにかく食事を制限して、運動をしまくっても構いません。

しかし根性だけでダイエットを行っても、モチベーションを保つことが難しくなり、痩せるまでに力尽きてしまうことがほとんどです。

Nick

ダイエットを成功させるためには数値で自分の変化を記録しよう!

数値で知っておくことで、問題点がより明確になり、変化が視覚的にもわかりやすくなるため、根性で行うダイエットよりもモチベーションを保つことがはるかに容易になります。

ダイエットを数値で知る場合、ぜひとも記録をとっておくことをおすすめします!特にダイエット時には数値をグラフ化しましょう。

なぜグラフ化すると良いのか、グラフにする際の方法、他重要点などについてはこちらで詳しく説明していますので、ぜひご覧ください。

そこで今回はダイエット時に重要となるPFCバランスについて触れ、PFCバランスを用いて痩せるために必要な食事についてサポートしていこうと思います。ただただPFCバランスを説明するだけでなく、その先の食事方法などにも触れていますので、体を本気で変えたいと思っている方はぜひとも最後までご覧ください!

Contents

PFCバランスってなに?

3大栄養素のイラスト

PFCバランスとは、P(Protein:タンパク質)、F(Fat:脂質)、C(Carb:炭水化物)の頭文字を取っています。タンパク質、脂質、炭水化物の3つを合わせて三大栄養素といい、1gあたりタンパク質と炭水化物が4kcal、脂質が9kcalと、人間が活動する際のエネルギーとして使用されます。

また体を動かす際のエネルギーの他にもこれらには役割があります。タンパク質は筋肉や臓器、皮膚、爪などの栄養素に、脂質はホルモンバランスを整えたり、タンパク質には脳の栄養素などと役割が異なります。

よって、これらはバランスよく摂取することが大切になるのですが、これをPFCバランスと言います。また、PFCバランスとは別名でマクロバランスとも言います。

ダイエットをする際にはカロリーを制限する必要がありますが、この三大栄養素をバランスよく摂取することでより健康的にダイエットを行えることができるため、ダイエット時には特にPFCバランスが重要になります。

そのため、ダイエットをする際にはPFCバランスを気にすると覚えておくと良いでしょう。

PFCバランスを用いて摂取カロリーや痩せるための食事量を算出

電卓を叩く人

下記に摂取カロリーや食事量を算出できるフォームがありますが、こちらを使う前に、まず知っておきたいことがいくつかありますので、それらを簡潔に説明します。

ダイエットを始めるにはまず自身の1日の消費カロリーなどを知っておく必要があります。

なぜなら、消費カロリーを知ることでどのくらいカロリーを減らせばいいかの目安が決まります。

その目安をもとにPFCバランスを考えるからですね。

1日の消費カロリーのことはメンテナンスカロリーとも言われます。消費カロリーと同じカロリーを摂取することで体重は維持できるので、メンテナンスをするカロリーとして、そのように言われます。

自身のメンテナンスカロリーをまだ知らない方はこちらからどうぞ。性別や年齢、身長、体重、運動量を入力することで自身のメンテナンスカロリーを簡単に算出することができます。

次に1日にどれくらいのカロリーを摂取しているか知る必要があります。

1日に摂取するカロリーがわかっていれば「摂取カロリーと栄養素の総評」まで飛ばしても問題ありません。しかし、わからない方もいると思いますので、そのような方に向けて簡単に算出できるようにしました。

上からフォームに入力していくと、最終的に食事量を算出してくれますので、ぜひご記入ください。

ダイエット時のPFCバランスを用いて各種値を算出まとめ

実際に自身のPFCバランスを知ったところで、どれくらい食事量を減らさなければいけないのか、また炭水化物やタンパク質、脂質に分けてこれらを考えられる人はもっと少ないでしょう。

この記事ではフォームに値を入力していくだけで、自身のダイエットを行う上での食事による各種栄養素の目安量を知ることができますので、よりダイエットも行いやすいと思います。

最初にも話しましたが、ダイエットを成功させるには正確に数値を知ることです。自身の数値を確認し、何が足りないかを知って初めて正しく、健康的に痩せることが可能になります。

また、食事制限が大変だと思った方は運動も取り入れることで、より簡単に痩せることが可能になります。運動には筋トレと有酸素運動がありますが、どちらを選択すべきでしょうか?こちらの記事で運動についても紹介していますので、ぜひご覧ください!

最後までありがとうございました!

Nickの応援よろしくお願いします!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる